【レビュー】Bellroy Card Pocket Wallet ベルロイ カードポケット ウォレット

気楽に生きられるようになるミニ財布

ミニマリストになる人がまず手を付ける持ち物、それは財布でしょう。

財布は毎日使うため、その人のライフスタイルそのものですが、得てして雑多になりがちです。

色々なものが入る大きな財布は、
頭の中を占有する情報量が多いためミニマリズムから遠ざけてしまいます。
(あと紙幣が幾ら分残ってるか、○○の期限付き割引券、年会カード、使い分けてるクレカ、キャッシュカード…etc)🤔
常に脳内を更新して記憶の片隅に置いておかねばならないのです。

 

そこで、物理的に所有する量を減らし小さい財布でやりくりするようになれば、その財布の大きさ以上の情報は増えないというわけです。

 

 

そもそも、こんな小さな財布で大丈夫かと思われるかもしれませんけど、一年使ってきた私が言えるのは、

「全然問題ないし、もし買い替えるにしても、これより大きな財布は不要!」と断言できるほど余裕で運用できます。

 

それでもまあ、今まで使っていた、尻ポケットから飛び出すほどの長財布に入ってたものをそのまま移行できるわけもなく、
脳内情報量を減らすためにも潔く入るだけの量に削減します。

 

ミニマリスト的財布使用の基本ですが、原則、支払いはキャッシュレス決済を使用します。

硬貨は10枚くらいしか入りません。
私は会社に小銭BOXを置いておいて、ランチで已む無く小銭が発生した場合は即そちらに入れています。
で月一回くらい郵便局のATMへ行って硬貨をすべて入金します。
ちょっとした貯金箱みたいで楽しいです。

 

小さいからと身構えすぎず、こんな感じで適当に運用していけば本当に問題なく、かつ身軽に使用できる素晴らしい財布です。

 

▲photo via: ANELANALU

↑は正規販売店さんの画像ですが、これは入れることができる容量かなりギリギリの数であって、
実用限界は突破していると思いますので注意してください。

実用上問題なく使えるカード数は10枚くらいです。それ以上になると紙幣がほとんど入らなくなり、コインポケットに指が入らず使用不能になります。

紙幣が万札が数枚と千円札9枚、カード8~10枚にコインが10~15枚くらい

これが実用上の限界数だと思います。

これ以上になると明らかにジップが閉まらなくなるし、形が変形します。

 

『Bellroy Card Pocket Wallet ベルロイカードポケットウォレット』一年以上使ってみた

一年以上使ってみたので、そのくたびれ具合や経年変化を見ていきます。

まず新品状態のものです。

ヴィトンやグッチなどと比べると酷ですが、ベルロイの財布はスルっとした革質で値段なりでとても使いやすいと思います。

内側の縫製の甘さも少しありますが、実用に何の問題もありません。

 

 

 

で、下は一年半くらい使ったものです。

少し皺が出てきて、使い込まれた味が出始めています。

 

フクロウのチャームの塗装は光速で剥げます。
銅色になっても可愛いです。

 

ファスナーは壊れることなくスムーズに開閉できます。

 

お札をキレイに三つ折りにするのがめんどくさくなってきたので、多少かさ張りますが、一万円札以外は全部まとめて四つ折りにしちゃってます。
現金支払いの時にはお札は全部出すので、ちょっと手間になります。
でも一枚一枚三つ折りにしておく方が私的には手間なので、もはやこれが通常使用になってます。

そもそも現金決済自体がとても億劫になってきたのでキャッシュレス決済をメインに使用しています。

 

 

それでは!